戸建ての最新住宅情報 > 値引きが当たり前!マイホームの購入事情

値引きが当たり前!マイホームの購入事情

電卓を持った女性

戸建住宅を購入するのは、時には数千万円にのぼる巨額の買い物をすることになるので、誰もが少しでも安い価格で買うことができればと考えるのは当然です。ただ不動産についてまで日常的な買い物シーンと同じ感覚で値引き交渉をすることができるのか、そもそも価格交渉に応じてもらえないのではと考える方がいるかもしれません。ましてや戸建住宅の中でも注文住宅においては、本当に価格交渉の余地があるのでしょうか。注文住宅をブランドにしているハウスメーカーも多いなか、営業担当者を相手に値引きをするのは気が引けるかもしれません。じつはマイホームを購入するときでも、値引き交渉の余地はあります。ハウスメーカーで注文住宅でマイホームを購入するシーンでも、値引きに成功する先達たちは、確かに存在します。マイホーム購入のための、値引き交渉のポイントや注意点を御紹介します。

まず値引き交渉のタイミングですが、あまり早い段階でもちだすのは禁物です。契約締結までのロードマップも定まっていない段階から、価格交渉を持ち出したりすると想定したグレードよりも一段落ちるクオリティの建築案を持ち出されたり、建材や材料あるいは設備など目に見えない箇所で手抜き工事されるリスクがあるからです。間取りと購入金額には事前に青写真を描いている場合に、価格にこだわりすぎると完成してから後悔することになります。そのため契約直前、ハウスメーカーの担当者もなんとか成約にもって行きたいインセンティブが強いタイミングで値引き交渉をしてみることをおすすめします。とは言ってもあまり過大な期待をするのは禁物。ハウスメーカーの営業担当者には、価格交渉できる限度が決められているからです。あまりに強引な値引きを主張すると、ハウスメーカーから契約違反を主張される可能性もあります。

またハウスメーカーでは注文住宅のクオリティなどに応じて、坪単価が設定されています。この坪単価は工法や素材や間取りなどを考慮された値段です。坪単価を引くことは困難ですが、全体の建築を低く抑えるには、間取りをシンプルにするというのは一案です。注文住宅の建築費用は外形の複雑さ、間取りの形状などに大きく左右されます。部屋の数が増えると壁面の数が増えるので、それだけ施行の手間も人件費もかさむことを意味します。二階建てであれば、上下同型で切妻などのシンプルな屋根にしたり、あまり壁面を多く取らない間取りにするなどすれば、かなり建築費を抑制することができます。

おすすめ記事