戸建ての最新住宅情報 > テレワークにも対応!働く環境づくりができる注文住宅

テレワークにも対応!働く環境づくりができる注文住宅

テレワーク中の女性

新型ウイルス感染対策に、テレワークが新たな働き方のスタイルとして定着しつつあります。今回の新型ウイルスの蔓延で表面化したのは、日本の都市機能が感染症に対して脆弱だったことです。欧米や社会主義体制の国々のように都市封鎖などが難しい日本にあっては、市民の一人ひとりが自助努力で感染防止と拡大阻止に積極的に取り組むことが必要です。今後も新たな種類の感染症が出現するリスクも想定すると、家づくりにもテレワークなどに対応した性能や間取りが要求されることになります。このような問題意識を元にして、ハウスメーカーのなかにも、テレワークに象徴される暮らしと仕事の両立を図ることができる注文住宅を専門に扱うシリーズも登場しています。なかでもテレワークに対応した注文住宅の家づくりに積極的に取り組んでいるのが、ダイワハウスと三井ホームになります。

三井ホームは、テレワークに対応した住宅ブランドのLUCAS(ルーカス)を展開しています。リビングを2階に配置して、家族が憩える空間を十分な広さを確保しながら、1階ではテレワークに対応した開放感を実感できるのが特徴です。壁とドアを可能な限り取り払い、横の開放感はこれまでの住宅では体感できないものです。家中を快適な室温をキープする全館空調を実現してます。プライベートをディスプレイなどに表示することがないように、縦の開放感も実現。家のシンボルともいえる圧倒的な急勾配の屋根は、ほどよい緊張感とリラックスしたコンディションでテレワークを可能にします。

ダイワハウスは、リモートワークに対応したブランドとして、テレワークスタイルを提案しています。家で働く、こんな新たな働き方が当たり前になってくる時代、マイホームには働きやすい環境が必要になるはず、この思いをコンセプトに今後の新たな生活様式に対応した注文住宅のあり方を提案しています。家で働くときに重要なオフィス以上に集中できる、仕事と暮らしの両立に耐えるための工夫を随所に垣間見ることができるはずです。書斎を職場と再認識することで、防音仕様のクローズ空間としています。声が外にもれることもなく営業機密漏えいのリスクはありません。家族の生活音も気にならない空間なので、プライベートと仕事を的確に分けることが叶います。より家族とのつながりを大切にしたい方には、リビングやダイニングに小部屋を設けるセミクローズドタイプも提供しています。

おすすめ記事